Peachとバニラエアが統合!どうなるLCC業界?ユーザーへの影響は?について詳しくご紹介

国内旅行

Peachとバニラエアが統合!どうなるLCC業界?ユーザーへの影響は?

Peachとバニラエアが統合!どうなるLCC業界?ユーザーへの影響は?

  • LCC
  • 航空会社

LCC業界で第2位のピーチ・アビエーションと、第3位のバニラ・エアが2020年までに統合することを発表したのが2018年の3月。飛行機のコックピットの仕様を統一するなど、その準備は着々と進められていますが、我々ユーザーにはどのような影響があるのでしょうか。

今回はピーチとバニラの統合により、LCC業界やユーザーへの影響について考察していきます。2社の統合が気になっていたという方はぜひ参考にしてください。

ANA子会社のPeachとバニラエア

ANA子会社のPeachとバニラエア
まずは今回統合するピーチとバニラがどんな会社なのか見ていきましょう。LCC業界に明るい方であればご存知とは思いますが、いずれもANAの傘下です。2社の違いはピーチがもともとANAグループの1事業としてスタートしたのに対して、バニラは最初、アジア最大手のLCC「エアアジア」が経営母体だったこと。エアアジアはマレーシアを本拠点とするLCCですが、日本に参入した際に思うほど業績が伸びずに一度撤退。その時に事業を引き継いだのがANAだったのです。

変わるLCCの業界地図

国内のLCC業界に目を向けると、利用客が最も多いのがジェットスター、ついでピーチとなります。ANAはピーチとバニラを統合させることで、JALの資本が入ったジェットスターを引き離す構図となるのです。LCC業界は飽和しかけていた航空業界にとって、唯一拡大できる余白といえましたが、ANAとしてはその市場を手中に収めることになります。

乗客数の内訳も見てみると、ジェットスターは圧倒的に国内線に力をいれていましたが、ピーチとバニラが統合することで、全体だけでなく国内線でもジェットスターを上回ります。これにより、JALとしてもANAの戦略を傍観しているわけにもいかず、何かしらのアクションを起こしても不思議ではありません。いずれにしても国内LCC業界における競争が激化することが予想されます。

ユーザーにはどんな影響が?

ユーザーにはどんな影響が?
ユーザーとしてはピーチとアジアが統合されるという事実よりも、それによってどんなメリット・デメリットがあるのか気になるところ。1つ目のメリットは予約がとりやすくなるところ。関西空港を拠点とするピーチと成田空港を拠点とするバニラでは重複する路線は多くありません。お互いの路線がそれぞれ維持されますが、2つのサイトはもちろん統合されるので新しいサイトで2社分の路線から予約が可能になり、嬉しいメリットです。

また気になるのは機内持ち込みの手荷物。手荷物の重量はピーチが10キロで、バニラが7キロですが、どちらに統合されるかまだ公表されていません。ちなみに競合のジェットスターもエア・アジアジャパンも7キロまでとなっています。もし10キロに統合された場合、他社に比べて大きなユーザーメリットになることは間違いないでしょう。

海外LCCとの競争で地方路線が充実!?

海外LCCとの競争で地方路線が充実!?
国内市場ではANAのピーチとJALのジェットスターという構図でしたが、統合によりピーチが一歩リードすることに。となると、今度は目線を国内から世界の競合に向けなければなりません。ここ数年で台湾や韓国のLCCが地方空港を中心に渡航しています。ピーチにしてもバニラにしても統合前から地方への路線を強化していたところを見ると、統合した後も地方路線を充実していくことが予想されます。例えばこれまでもピーチは関西から北は新千歳まで渡航していましたが、今後は北海道内での路線にも参入することが予想されます。

東京オリンピックに向けてアジア路線の充実に期待

東京オリンピックに向けてアジア路線の充実に期待
ピーチとバニラを統合する目的のひとつに2020年の東京オリンピックへの対応があります。海外からの観光客は増えますし、ANAとしてはその受け皿を作るために航空路線の充実を図らなければなりません。特に狙いはアジアの新興国。先進国はサービスが充実しているANA、新興国は価格重視の新生ピーチでカバーするのが目的です。東京オリンピックのためとはいえ、アジアへの路線が充実することは国内ユーザーにとっても喜ばしいこと。しかし、単に安いだけでは東南アジアの競合LCCとの価格競争に陥るのが目に見えています。新生ピーチがいかにして海外LCCと戦っていくのか注目が集まります。

新生ピーチによるLCC業界の活性化に期待

新生ピーチによるLCC業界の活性化に期待
ピーチとバニラの統合はそれだけでも注目を集めるニュースですが、それと同時にまだ問題が山積みの国内LCC業界にどんな好影響を及ぼすのかも期待したいところです。日本のLCC市場はまだ成長の余白があるため、海外からの参入も多いですが、パイロットの問題など解決すべき課題が多いのも事実。今回の統合がどう業界を動かすのか期待したいところです。

Peachとバニラエアが統合!どうなるLCC業界?ユーザーへの影響は?

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」をクリック!

今後も参考になる情報を
いち早くお届けします!