「バニラ・エア」国内線のチェックイン方法と搭乗時の注意点まとめについて詳しくご紹介

国内旅行

「バニラ・エア」国内線のチェックイン方法と搭乗時の注意点まとめ

「バニラ・エア」国内線のチェックイン方法と搭乗時の注意点まとめ

  • LCC
  • 航空会社
  • 空港
  • チェックイン

大手航空会社よりチケット料金が安く、お手軽に利用できるのが魅力なLCC。いまでは日本でも国内、国際線問わず幾つかの航空会社が運航していて、気軽に利用できる機会も増えてきました。そんなLCCの一つであるバニラエアの国内線は、東京や大阪から北海道の札幌や函館、沖縄の那覇や石垣島などの人気観光都市を結ぶ便を中心に運行されています。ここではチェックインの方法と、搭乗時の注意点についてまとめています。

「バニラエア」国内線のチェックイン方法

「バニラエア」国内線のチェックイン方法

国内線はウェブからも可能

バニラエアのチェックインには3つの方法があります。
・出発時間の48時間前から可能な「ウェブチェックイン」
・出発当日、空港の機械で行う「自動チェックイン機」での操作
・出発当日、空港の有人カウンターでのチェックイン
出発当日の有人カウンターでのチェックインが一般的ではありますが、事前に処理が可能なウェブチェックインや、自身で行う自動チェックイン機の操作などを活用することで、大幅な時間短縮が可能になることもあります。利用シーンにあわせて賢く選択し、処理しましょう。

国内線にはウェブチェックインがある

バニラエアの国内線では、ウェブサイトからのチェックインが利用できます。ウェブチェックインは当日空港でチェックインを行うより前に処理することができ、受付時間は出発時間の48時間前から2時間前となっています。ウェブチェックインはパソコンのみでの利用が可能で、あらかじめ予約時に設定された予約番号と搭乗者の氏名が必要です。事前にチェックインを行うことで、当日余裕をもって行動できたり、同行者がいる場合は、隣同士の席を確保しやすくなったりもします。

ウェブチェックインを利用した際に最も注意すべきことは、完了画面に表示される搭乗券をあらかじめ印刷し、当日持参する必要があることです。大手航空会社などで最近主流となっている、スマートフォンに搭乗券の機能を保存し、画面を提示して利用できるモバイル搭乗券の機能はありません。印刷を忘れてしまった場合は当日空港の有人カウンターに並び、搭乗券を受け取らなければならなくなります。これではせっかく行った事前チェックインの意味がなくなってしまいます。必ず搭乗券の印刷を忘れないようにしましょう。

搭乗当日、空港の自動チェックイン機を利用する場合

インターネット環境がない場合などウェブでの事前チェックインができない場合は、搭乗日当日、空港でのチェックインが必要となります。とくに手荷物を預ける必要がないときは、当日空港で出発時間の90分前から30分前まで利用できる自動チェックイン機が便利です。自動チェックイン機は有人カウンター付近に設置されています。あらかじめ印刷しておいた旅程表のQRコードをスキャンするか、予約時に設定された予約番号を入力することで簡単にチェックイン処理が行え、搭乗券をその場で印刷することができます。

便利な自動チェックイン機ですが、受託手荷物や座席指定の購入や変更はできません。座席はチェックイン時に自動で指定されるため同行者と離れた席になってしまうことも。

また妊娠中や乳幼児連れ、特別な介助が必要な方や非常口座席を指定している方は自動チェックイン機を使用できません。その場合は有人カウンターでのチェックインが必要となります。

空港の有人カウンターでチェックインを行う場合

空港の有人カウンターでチェックインを行う場合
受託手荷物がある場合や以下に該当する方は有人カウンターでのチェックインが必要となります。
・妊娠中のお客様
・乳幼児をお連れのお客様
・お身体が不自由なお客様およびお手伝いが必要なお客様
・病気、疾患をお持ちのお客様
・非常口座席を指定されているお客様
(バニラエア公式HPより)

乗り継ぎの場合

バニラエア便同士を乗り継ぎする場合は、一度の搭乗ごとにチェックインが必要となります。例えば札幌を出発し成田へ、その後成田を出発して最終目的地は那覇と言う場合は、札幌-成田、成田-那覇の2回分のチェックインが必要となります。

また受託手荷物がある場合は、最初の目的地である成田空港で一旦手元に受け取ることとなり、再度カウンターで手続きを行って預ける必要があります。次の乗り継ぎ便をウェブチェックインで事前に完了している場合でも、この処理は必要となるため、注意が必要です。ちなみにバニラエアでは、安心して利用できる乗り継ぎ推奨時間を国内線同士の乗り継ぎの場合90分としています。

バニラエアでは必ず紙の搭乗券が必要。時間に余裕をもって行動を。

バニラエアのチェックインは、3つのどの方法を利用しても必ず紙の搭乗券が必要となります。とくにウェブチェックインをした場合は、自身でプリントアウトしなければならないため、注意が必要です。また受託手荷物を預ける際にも内容チェックに時間がかかるなど手続きに時間がかかることが多いため、余裕をもって空港に向かいましょう。

「バニラ・エア」国内線のチェックイン方法と搭乗時の注意点まとめ

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」をクリック!

今後も参考になる情報を
いち早くお届けします!