冬の北海道(ルスツ、トマム、ニセコ)のスキー場の違いについて詳しくご紹介

国内旅行

冬の北海道(ルスツ、トマム、ニセコ)のスキー場の違い

冬の北海道(ルスツ、トマム、ニセコ)のスキー場の違い

  • 北海道
  • エンタメ
  • ホテル・宿泊

北海道といえばウィンタースポーツはもちろん、温泉やグルメも堪能できるとあって冬の旅行先には最適のスポット。特に人気なのがルスツ、トマム、ニセコのようなスノーリゾートのあるエリアで、12月から4月ごろにかけてのハイシーズンには世界各国から多くのスキーヤーが訪れます。それぞれのエリアにはどんな特徴があるのでしょうか。スキーコースの特徴や札幌からのアクセス、周辺施設を比較してみましょう。

世界から注目されている北海道のスキー場

見渡す限りの銀世界が楽しめる北海道のスキー場。広大なゲレンデは滑り心地抜群ですが、世界のスキーヤー、スノーボーダーをとりこにしているのは、そのスケールの大きさだけではありません。

ヨーロッパのスキー場は雪不足であるうえゲレンデの雪質が固く、上級者でも滑るのに苦戦するといいます。それに対して北海道のスキー場には軽いパウダースノーが毎日降り積もり、上級者は快適に、初心者は安心して滑ることができるのです。アルプスと比べて標高も低い北海道の山々は、ホテルからスキー場までの移動も簡単。こういった条件が外国のスキーヤーを魅了し、世界でも有数のスノーリゾートとして注目されるようになりました。

また、冬の北海道には、温泉や海の幸などの名物がそろい、その魅力を味わい尽くすには2~3日のスケジュールが必要です。そうなると、スキーを楽しみつつ、温泉やグルメで疲れを癒やせるリゾートが人気を集めるのは必然といえるでしょう。今回は北海道のスキー場のなかでも特に人気が高い、ルスツ、トマム、ニセコの特徴を見比べてみましょう。

札幌からのアクセスも良好の「ルスツ」

札幌からのアクセスも良好の「ルスツ」
北海道の南西部に位置するルスツ。ゲレンデからは、「蝦夷(えぞ)富士」とも称される羊蹄山の絶景が望めます。村の中心に国道230号線が通っているため、札幌からの所要時間は車で約1時間と他のスキーリゾートと比べてアクセスしやすいことが魅力です。

スキー場

ルスツスキー場は、「WORLD SKI AWARD (ワールドスキーアワード)」の「Japan’s Best Ski Resort」「Japan’s Best Ski Hotel」の2部門で、2017年から2年連続最優秀賞を受賞しています。

ルスツを構成する3つの山には計37個ものコースがあり、初心者から上級者まで、レベルに合った楽しみ方ができるのがポイント。リフトから即アクセスできるサイドカントリーパークは、地形を活かしたコースが広がる未圧雪ゾーンで、世界中の上級者から熱い視線が送られています。

雪の状態

ルスツは北海道のなかでも標高が高く、積雪量が多い地域です。空気を多く含んだパウダースノーを滑り降りる快感は、一度味わったら病みつきになることでしょう。

関連施設

ルスツリゾートは2008年の洞爺湖サミットで、国際メディアセンターとしても使用されたスポットです。北海道で最大規模の遊園地や、4コース72ホールのゴルフ場など、周辺施設が充実しているので、どの季節に行っても楽しめます。

ホテルは、館内施設が充実する「ルスツリゾートホテル&コンベンション」と、行き届いたおもてなしが魅力の「ウェスティンタワー」の2つがあり、目的に合わせて和室やメゾネットなどの多彩なルームタイプから部屋を選べます。近隣には「赤い靴公園」や「道の駅230ルスツ」もあり、子ども連れでも安心して楽しめるでしょう。

幻想的な風景が楽しめる「トマム」

幻想的な風景が楽しめる「トマム」
トマムは北海道のほぼ中心に位置する、標高1239mのトマム山の南側を使って開発されたリゾートです。札幌からのアクセスは道東自動車道を経由して約2時間と、ルスツよりは少し時間がかかりますが、氷の教会を擁する「アイスヴィレッジ」は一見の価値があるでしょう。

スキー場

雄大な自然に囲まれたトマムには、初級者から上級者まで楽しめる多彩な29のコースがあります。初級、中級、上級とレベル別に作られたスロープには、さまざまなアイテムが設けられ、スキーヤー、スノーボーダーを楽しませる工夫が満載。 上級者限定で解放されるトマム山全面滑走が冒険心をかき立てます。

雪の状態

ルスツ同様、申し分のないパウダースノーが楽しめます。ナイターでも雪質がいいと評判なので、近くのホテルに宿泊するならぜひナイターも堪能しましょう。

関連施設

星野リゾートが運営するトマムには、スキーやスノーボードをしない方でも楽しめるスポットが随所に用意されています。トマム山のふもとに現れる氷の街は「アイスヴィレッジ」という施設で、なかでも祭壇やバージンロードが雪と氷で作られた氷の教会は見ものです。

山のふもとからゴンドラ1本でアクセスできる「霧氷テラス」からは、空気中の水蒸気や霧が樹木などについた、幻想的な霧氷が見られます。ホテルは全室100㎡以上、展望ジェットバスやサウナがついたリゾナーレトマムと、スキーヤーの利便性が考え尽くされたトマムザ・タワーの2種類があり、予算に合わせて選べることもポイントです。

ニセコの特徴

ニセコの特徴

札幌から車で約2時間40分、北海道の西側に位置するニセコは、羊蹄山、昆布岳、ニセコアンヌプリと、リゾートの三方を山に囲まれた丘陵地帯です。羊蹄山の絶景が望める、ダイナミックなロケーションが外国人に人気で、冬のニセコは日本で最も外国人率が高くなるといわれます。昼夜の寒暖差が大きいので、寒さへの対策は念入りに行いましょう。

スキー場

ニセコアンヌプリの裾野に広がる、4つの広大なスキー場はあわせて「ニセコユナイテッド」と呼びます。4つのスキー場で最大の規模を誇るグラン・ヒラフには、ホテル、コンドミニアム、温泉、レストランなど周辺施設等が充実しているので初心者も安心して楽しめます。

雪の状態

シベリア寒気団が吹き込む影響で圧倒的な量が積もるニセコの雪は、世界最高のパウダースノーとも称されます。他のエリアでは味わえない独特の浮遊感を楽しみましょう。

関連施設

ニセコビレッジスキー場は「ヒルトンニセコヴィレッジ」と「ザ・グリーンリーフ」の2つのリゾートホテルに直結しています。外国人観光客をターゲットにした飲食店では、食事代が高くつくことがありますが、国際交流も楽しめるので自分磨きには最適です。

好みに合わせてじっくり検討を

好みに合わせてじっくり検討を
どのエリアもそれぞれ違った魅力がある北海道のスノーリゾート。スキー場以外の観光地との距離や、宿泊を含めた予算、どう楽しみたいのかを考えて最適なスキー場を選んでくださいね!

ルスツリゾート

大自然に囲まれたルスツリゾートは、敷地内に全3山、37コースもあるスキー場、60以上のアトラクション数を誇る遊園地、道内最大の4コース72ホールもあるゴルフ場といった、スケールも北海道規格のリゾートホテルです。そのほか、バリエーション豊かなお部屋のタイプ、大自然を満喫できる各種アクティビティーメニュー等など、お子様からシニアの方まで、充実した時間を過ごせるでしょう。

住所:北海道虻田郡留寿都村字泉川13 番地

ルスツリゾート

冬の北海道(ルスツ、トマム、ニセコ)のスキー場の違い

この記事が面白いと思ったら
「いいね!」をクリック!

今後も参考になる情報を
いち早くお届けします!